環境を考える

環境を考える

化石燃料エネルギーとは? 化石燃料の今後の展望や課題について解説します

石油、石炭、天然ガスといった化石燃料。これらがどのようにして世の中に広まったかをご存じでしょうか。身近なようで意外と知られていない化石燃料ですが、現在は脱炭素化に伴い、世界中でその活用方法が見直されて……続きはこちらから
環境を考える

無限のエネルギーは存在しない! 膨大なエネルギーを利用した発電方法とは

年々増え続ける世界のエネルギー消費量。 エネルギーのほとんどを化石燃料に頼りきってしまっている私たちですが、遅かれ早かれ、いずれ化石燃料は枯渇していきます。 仮に、無限のエネルギーがあったとし……続きはこちらから
環境を考える

再生可能エネルギーのバイオマス発電とは? 今後の展望や課題について解説します

生物資源を用いるバイオマス発電エネルギー。 バイオマス発電には、木くずを燃やす方法や、下水汚泥や生ゴミからバイオガスを発生させ発電する方法など、様々な発電方法があります。 この記事では、「バイオマ……続きはこちらから
環境を考える

再生可能エネルギー発電量の多い国ランキング!(2021年度まで)

脱炭素化を進めていく上で世界各国が取り組んでいるのが、太陽光発電や水力発電といった再生可能エネルギーの活用です。 世界各国が脱炭素化へと舵を切っているなか、日本国内での再生可能エネルギーの活用割合は……続きはこちらから
環境を考える

再生可能エネルギーで一番効率が良いのは? 各発電効率を比較してみました!

今、話題になっている再生可能エネルギー。再生可能エネルギーには、太陽光発電や風力発電、水力発電など様々な種類があり、それぞれ特性、方法、発電効率は異なります。 再生可能エネルギーはエネルギー源が……続きはこちらから
環境を考える

再生可能エネルギーの問題点とは? 各種再生可能エネルギーが抱える課題

再生可能エネルギーにはデメリットがあることも忘れてはいけません。太陽光発電や風力発電の場合は、天候により発電量が変化するため、安定した供給をすることが難しくなります。他にも様々なデメリットがあり、そのデメリットともうまく付き合っていく必要があるのです。
環境を考える

無限のエネルギーとしての太陽光活用

もしも降り注ぐ太陽光すべてを、人間が使えるエネルギーに変換できるとすれば、1時間もあれば世界の年間のエネルギー消費量を賄うことができ、たちまち世界のエネルギー問題は解決してしまうでしょう。それだけ太陽光というのは、ものすごい大きなエネルギーを持っているのです。
環境を考える

化石燃料の枯渇は100年後? 可採年数や枯渇することで起こりうること

二酸化炭素の削減やSDGsなど環境に配慮した動きが、世界的に高まっています。 その際、挙げられるテーマのひとつに「化石燃料の枯渇」があります。 化石燃料とは主に、石炭や石油、天然ガスなどを指し……続きはこちらから
環境を考える

FIT制度(固定価格買取制度)とは? 今後の太陽光発電の売電や仕組みについて

「FIT(固定価格買取制度)」という言葉を聞いたことがありますか?FIT制度とは、「Feed-in-tariff(フィードインタリフ)」の略称で、日本語では「固定価格買取制度」と訳されます。 ……続きはこちらから
環境を考える

再生可能エネルギーとは? 種類と今後の展望、活用における課題について説明します

私たちの暮らしに欠かすことのできないエネルギー。エネルギーは電気やガスの元となるため、経済活動や日々の暮らしに不可欠です。 しかし近年、環境保護や安全性の観点から、化石燃料や原子力の活用とい……続きはこちらから
タイトルとURLをコピーしました